So-net無料ブログ作成

英国旅行2016 ⑩ ~LHR→BRU→NRT~ [英国]

ヒースロー空港は、ターミナル5まで出来ていました。
ターミナル1は改装中で、
私たちが今回利用したターミナル2は、既に改装が終わり、
「クイーンズ・ターミナル」という名前がついていました。

私、大抵空港ターミナルの写真を撮るんですが、
今回は全く忘れていました。残念。

ターミナル2の、手荷物検査を抜けたエリアには、
たくさんのレストランや、ショップがありました。
お土産物なんかは、ロンドン市内で買うより、
ここで買った方が、税金もかからずにお得なのでは!?
と思ってしまう品揃え。

ハロッズ、キャス・キッドソンは、特に楽しかったです。

昔は、出国検査があり、パスポートにスタンプも押されたのですが、
今回、出国検査ってあったのかしら?
アメリカみたく、チェックインで終わりで、去る者は追わず、なのかな??

IMG_5510.JPG

ブリュッセル航空運航のコードシェア便。
帰りは、料金につられて経由便にしました。

NH5166 15AUG LHR-BRU 1750-2000
NH0232 15AUG BRU-NRT 2110-1530+1
 

続きはこちら☆


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

英国旅行2016 ⑨ ~ぶらり歩きとナショナル・ギャラリー~ [英国]

帰国便の出発時間は17:50、
ヒースロー空港には、余裕を持って3時間前には着きたいところ。

微妙な時間しか残っていないので、近場をぶらぶらする事にしました。

IMG_5466.JPG

セント・ジェームズ・パークからのバッキンガム宮殿↑
宮殿の周りは、大きな公園で囲まれています。

続きはこちら☆


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

英国旅行2016 ⑧ ~バッキンガム宮殿~ [英国]

8月15日(月)、旅行最終日。

aちゃんのフライトが9時半頃なので、6時にホテルを出発[車(RV)]
6時半頃にはヒースロー空港到着。
タクシーで40ポンドでした。

私のフライトは、夕方17:50
まだチェックイン出来ず。
aちゃんのチェックインを済ませて、空港内のカフェで朝ごはん。

IMG_5421.JPG

イングリッシュ・ブレックファストというものは、
どこでもほとんど同じですね。。
流石にちょっと飽きてきましたが、それも今日で最後です。

aちゃんを見送って、私は最後のロンドン観光へ。

続きはこちら☆


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

英国旅行2016 ⑦ ~Royal Berkshire と朝食~ [英国]

今回利用したホテルですが、
ロンドンは、立地重視で、ユーストン駅のすぐ側にある、
「Ibis London Euston St Pancras」にしました。
三つ星、安定のイビス・グループです。
(写真はナシ。)

アスコットは、ちょっと贅沢をして、「Royal Berkshire, an Exclusive Venue」。
四つ星の、素敵なホテル。

IMG_5413.JPG

続きはこちら☆


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

英国旅行2016 ⑥ ~バンプトンとブレナム宮殿~ [英国]

次に訪れたのは、バンプトン。
英国のテレビドラマ「ダウントン・アビー」のロケ地になった村だそうです。

ドラマ、BSでやっていたので、時々見たことはあったけれど、
お城しか印象に残っておらず、
そのお城は普段は公開されていなく、別の場所にあるようです。 

IMG_5162.JPG

結婚式のロケが行われたという教会。
テレビで結婚式やってたな~
って思うけれど、教会の印象はあまりなし。

 

続きはこちら☆


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

英国旅行2016 ⑤ ~コッツウォルズの村々~ [英国]

8月12日(金)、旅行3日目。
この日は、コッツウォルズへ行くことにしました。

コッツウォルズが有名になったのは、15年前くらいでしょうか?
最後に英国に行ったのが20年前の私は、もちろん行ったことがなく、
行ってみたいとずっと思っていました。

はちみつ色の石でできた家々がある、田舎で、
最近、「世界で一番行きたい村」に選ばれたと聞きました。

この日は、素晴らしい快晴。
英国で、こんな青空に出会えるなんて、とてもレアなことです。 

IMG_5119.JPG

バイブリーの「アーリントン・ロウ」。
コッツウォルズで一番有名な場所だと思います。
 

続きはこちら☆


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

英国旅行2016 ④ ~湖水地方いろいろ~ [英国]

次に行ったのは、「ホークスヘッド村」。

IMG_5084.JPG

ホークスヘッドには、ワーズ・ワースが通った学校があります。

 

 

続きはこちら☆


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

英国旅行2016 ③ ~ヒルトップ農場~ [英国]

8月11日(木)、旅行2日目。

夏の英国へ行くのなら、是非行ってみたいと思ったのが「湖水地方」。
学生時代に滞在したのは秋~冬~早春だったので、
避暑地の湖水地方へ行くのは、ちょっと違うのかな~って思い、
行ったことがありませんでした。

朝8:30ユーストン駅発で、湖水地方へ出発!

IMG_5054.JPG

 

続きはこちら☆


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

英国旅行2016 ② ~ロンドン夜景観光~ [英国]

ロンドン・ヒースロー空港から、
ヒースロー・エクスプレスでロンドン市内へ[電車]

ヒースロー・エクスプレスは、空港と市内のパディントン駅を15分で結び、
15分間隔で運行されているそうです。
普通に買ったら片道22ポンド。
14日前までの割引でネット購入したので、16.50ポンドでした。

翌日の行動にそなえて、ホテルをユーストン駅近くに取ったので、
地下鉄で一旦ホテルへチェックイン。
早速観光へ。

IMG_5035.JPG

 

続きはこちら☆


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

英国旅行2016 ① ~HND→LHR~ [英国]

レッドブルエアレース、今年はどこに見に行こうかな?
って、スケジュールが発表になった時考え、
英国「アスコット」に行くことにしました。

ブログに「英国」というカテゴリーはあるものの、
英国に最後に行ったのは’95年。
なんと21年ぶりです。 

8月10日。 
羽田発の全日空221便、直行でロンドン・ヒースロー空港へ[飛行機]
NH221 HND-LHR 1140-1610

IMG_5004.JPG

6月に行われたエアレース・千葉大会で、
滑走路とハンガーが設けられた浦安上空を通過~

 

続きはこちら☆


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

Royal Wedding [英国]

今日、英国のウィリアム王子の結婚式が行われますね。

それに関連して、、、

 

001038.JPG

「ケンジントン宮殿」

私が訪れた’91年2月、

ウィリアム王子は、こちらにお住まいでした。

ダイアナ妃も一緒に。

 

宮殿の中は、一部公開されていて、

001041.jpg

ダイアナ妃のウェディングドレスを見ることもできました。

 

こちらは、エリザベス女王がお住まいの、バッキンガム宮殿。

001031.jpg

 

今日のパレードの最後に、

バルコニーに、ロイヤル・カップルが立たれるそうです。

001016.jpg

↑これは、’90年12月に撮ったもの。

衛兵さん、冬だから、

赤い衣装の上に、グレーのコートを着てます。

残念。

’90年9月に行った時には、

001023.jpg

可愛い姿が見られたんだけど、

この日は時間が合わなくって、

パレードは見られず[バッド(下向き矢印)]

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

『蛍の光』 [英国]

『蛍の光』は、スコットランド民謡に、日本語の歌詞をつけたもの。

もの悲しいメロディーで、年末とか卒業式、お店の閉店時なんかの音楽ってイメージ。

 

英国滞在時、ホームステイ先で年越しをしました。

みんなでテレビを見ながら、カウントダウン。

年が明け、

「Happy New Year!!!」

って言った後。

『蛍の光』の音楽が、流れてきました。

日本のイメージとは違う、

めちゃめちゃ明るい曲調で演奏されてました。

みんなで輪になって、両手をつなぎ、

リズムに合わせて両手を前後に振るんですね。

テレビの出演者も、私たちも、おんなじように。

 

『蛍の光』、

英国では、派手な曲でした。

 

ではみなさま、

よいお年を!

 


Windsor [英国]

『Windsor』といえば、英国。

エリザベス女王の週末の居城 『ウィンザー城』 がある街。

 

レッドブル・エアレースが『Windsor』で開催されると聞いて、

英国でやるのかと思ったら、

カナダにも『Windsor』があったのね。

英国からの移民が多い街なのかな?

 

それはさておき、英国の『Windsor』。

お城と、サファリパークに行ったんだけど、

これはお城に入るときのお話。

 

私たち、4人の日本人の女の子。

当時20才。

 

入場券を買う時に、

「絶対大丈夫だから、子ども料金で買え。」

って、

一緒に行った友だち(英国人&オランダ人)に言われてしまいました。

 

いやいや、

いくらなんでも、

それは無理でしょう。

私たち、化粧もしてるし。

 

でもあまりにも言うので、

「子ども4枚」

ってチケット売り場で言ってみたら、、、

 

 

普通に買えちゃいました[バッド(下向き矢印)] 

 

複雑な心境でした。

 


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

“KAKI” [英国]

ある冬の日(と言っても10年以上前)、ロンドンの街角を歩いていたら、フルーツの屋台が出ていました。

そこには “KAKI” と書いた札があり、“柿” が置いてありました。

『そっか~、柿は “KAKI” でいいんだぁ・・・』と思いつつ、

無性に食べたくなった私は買って帰りました。

そして食べてみたら・・・

 

 

 

シブい・・・

それは渋柿だったのでした。

渋を抜いてから売って欲しかった・・・

 

ってなことがあったのを、渋を抜いた甘~い柿を食べながら思い出しました。


ミルクティー [英国]

英国の飲み物といえば、「ミルクティー」。 (なんかこの台詞、この前も書いたな・・・)

レモンティーなど、見かけません。

ストレートで飲むことも、まずないな。

 

ある日私は、ボランティア活動で、一人暮らしのおばあさんの所へ話し相手に行きました。

おばあさんはとても喜んで、お茶を淹れてくれることに。

色んな種類の茶葉があるようで、何がいいか?と、色んな茶葉を出してくれました。

そして、「日本のお茶はないの・・・」と残念そうに言い、「そうだ、中国のお茶ならあるわ!」と嬉しそうに言うので、淹れてもらいました。

そして出てきたものは・・・

 

烏龍茶のミルクティー・・・・・・

 

そう、上には日本語で会話を書いたけど、話してたのは英語。

英語でお茶は、「Tea」。

「Tea」と言えば、紅茶だと思っている私。

色々紅茶の茶葉を見せてもらった後、「Japanese Tea」と言われた時も、「Chinese Tea」と言われた時も、私は紅茶だと思い込んでしまっていました。

そして、おばあさんは、「お茶にはミルクと砂糖を入れるもの」と思っているのです。

 

これは不味かった・・・

まぁ、それも「烏龍茶はストレートで飲む」という、私の中の常識が邪魔をしてるのかもしれませんが。

 

教訓 : 思い込みはいけません・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。